保護ガラスのトリセツ スマホ液晶保護ガラスの総合サイト

TOP > デキる男は保護もできる。スマート保護リーマン講座

ビジネス
2017.06.30

デキる男は保護もできる。スマート保護リーマン講座

メールの返信が早い。スケジュール管理が完璧。デキる人って憧れますよね。メールやカレンダーもそうですが、デキる人こそ、スマホをビジネスに活かしている気がします。身の回りのデキるあの人のスマホの中を覗いてみたいですが、それは人としてアウトなのでやめておきます。

ところで、他人のスマホを覗いたことありますか?筆者の社内でアンケートをとったところ、人のスマホ画面を見たことがある人は約9割。恋人のスマホを覗くとかではなく、電車などで近くの人のをつい見てしまうという人がかなりいました。確かに電車では背後に人が立ったりするので、悪意がなくても見えてしまいますよね。

もしかしたら、あなたのスマホも覗かれているかもしれません。ではここで、筆者の会社の中でデキるサラリーマンとして知られている田中さんに聞いてみた「デキる保護リーマンになる秘訣」を3つご紹介しましょう。

photo_001

デキる保護リーマン講座

1.覗き見防止の保護ガラス

今はコンプライアンスが大事な時代ですよね。だからこそ、覗き見されないために覗き見防止機能のついた保護ガラスをつけるのがオススメです。写真のとおり、横から見ると真っ暗でほとんど何も見えません。真正面から見ると、普段と変わらずクリアな画面に戻ります。

photo_002

photo_003
もちろん、クリアなガラスに比べると少し暗く写ってしまいますが、スマホ本体の画面の明るさを調整すれば大丈夫でしょう。これなら人と密着する場所でも、情報が漏れる心配もなくスマホが使えますね。

そういえば、電車で恋愛ゲームをプレイしていた時に、となりの小学生にたぶん覗かれたんでしょうけど「この人、寂しい人だな」っていう目つきで見られたことがありました。すごく恥ずかしかったですね。そういう恥ずかしい思いをしないためにも、この覗き見防止ガラスは活躍してくれますよ。

2.スマホリング

photo_004

最近は、スマホリングをつけている人を多く見かけますが、ちょっとダサいなと思って付けていない人も結構いるのではないでしょうか?リング部分に指を通しておけば、スマホが手から滑り落ちる心配がありません。また、スタンドとして使うこともできるので、デスクワーク時にスマホをダブルスクリーンのように使うこともできます。

photo_005

割れたスマホは、社会人として大きなマイナスポイント。折れた名刺を渡されるくらい「この人大丈夫かな?」と思われてしまいます。万が一、落としてしまった場合のために、スマホガラスで画面も保護しておきましょう。

3.ニュースは耳から聞く

サラリーマンをやっている限り、毎朝の情報収集はとても大切ですよね。私も電車の中でニュースチェックしているのですが、混雑していてスマホが使えないことも多々あります。そんな時は、ニュースの音声アプリを使って情報を取り入れているんです。駅から会社に向かうまでも、歩きスマホをしていて人と衝突したことが何度かあったのですが、やっぱり危ないし、スマートではないですよね。

photo_006

ニュースを音声配信しているアプリはたくさんあるので、是非探してみてください。

まとめ

田中さんは、やっぱり見た目や成績だけでなく、スマホに関しても「デキる」人でした。恋愛ゲームをスマホでやっているのだけが意外でした......

みなさんも保護ガラスで、大切な情報とスマホ画面を守り、デキる保護リーマンを目指しましょう。また、歩きスマホの対策もしっかり行い、自分の身も保護しましょうね。

【PR】
高強度・高品質のスマホ液晶保護ガラスフィルム【 HOYA Z'us-G のぞき見防止 】

ABOUT

保護ガラスのトリセツは、スマホ液晶保護ガラスフィルムの総合情報サイトです。日々のお悩み解決から面白コラムまで、保護ガラスにまつわる様々な情報をわかりやすく解説。「保護ガラスのことなら何でもわかる」サイトを目指します。